★休診日:水曜日、第2・第4日曜日
(翌日の月曜が祭日の場合は翌日の月曜日)
★ご紹介割引がございます。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

★専用駐車場がございます。

  1. トップページ
  2. >
  3. クリニック
  4. >
  5. 院長コラム
  6. >
  7. バックナンバー(2021年版)

バックナンバー(2021年版)

2021年04月22日 ワクチンとテレビ

 子宮頸癌(けいがん)という子宮の癌があります。この癌が原因で『日本では』、毎年3,000人近くの女性が亡くなり、1万の子宮がオペで切り取られてれています。
こんなの先進国では日本だけです。なぜ日本だけが?
子宮頸癌の95%以上はヒトパピローマウイルスというウイルスが原因です。ウイルスが原因ですから、ワクチンで予防できる癌なのです。他の先進国ではこの癌をワクチンで予防しているから少ないのです。ではなぜ日本ではワクチンをしないのか、原因はテレビ、マスコミにあります。
 日本でも2013年からワクチンの定期接種が始まりました。しかしその後、このワクチンの副作用だというショッキングな映像、副作用が出たとする少女達のショッキングな映像をテレビが流して大騒ぎになって、接種がほとんど無くなってしまったのです。
 その後、このワクチンの安全性は医学的に証明されています(もちろん、副作用がゼロというお薬はあり得ません)。テレビが流した映像がワクチンの副作用ではなかったことも証明されています。しかしワクチン接種はほとんど行われていなくて、毎年多くの女性が命を失っています。
多くの命を救えるワクチン接種をなぜ再度普及できないのか?それは次回にでも書きますが、これだけは覚えておいて下さい。
1. 子宮頸癌の多くはワクチンで予防できる。
2. 副作用がゼロ、つまり全くないお薬はあり得ない。
ちなみに僕は今ワクチン接種を打ってきましたが、
今までの予防接種の中で一番痛くなかったです\(^O^)/

Medical Subjects診療項目

初めて当院にお越しになる方へ。

当院で施術を受けられた方へのお知らせ。 アフターケア情報やリピーターさんだけ のお得な割引情報をご案内。

お試しで施術を受けて、効果を実感して から本格的な治療を。