スタッフ募集

 La Clinica Shizuokaのクリニカルポリシーを理解し、共感してくれる方を募集しています。なお、当院ではアルバイトの医師、看護師、コーディネーターは採用しておりません。

医師 募集中

研修ローテート後・外科系専門臨床経験5年以上

全身麻酔、硬膜外麻酔など麻酔経験が豊富な方

看護師 募集中

臨床経験3年以上(診療科目は問いません)

 La Clinica Shizuokaは美容心療内科を併設し、患者様の肉体的な悩みだけでなく内面的な悩みも同時に対象とします。したがって患者様に対して精神的、肉体的に幅広い看護が要求されます。患者様の悩みはケガや疾患をお持ちの患者様と異なり明確でない場合も少なくありません。
 美容外科、あるいは外科系の経験は問いません。実際、クリニカの看護士の半分以上は美容外科経験がありませんでした。私たちが求めるのは技術以前にまず患者様と一緒に悩み、喜ぶことに生き甲斐を感じる方です。そして戴帽式の感激、看護師になって患者様に初めて感謝されたときの気持ちをいつまでも持ち続けている方を募集しています。

看護師募集内容

◎職種 美容外科、美容皮膚科、美容内科、形成外科、外科
◎賞与年2回、交通費支給、社会保険完備、報奨金あり
◎休日 月8~9日プラス年始、夏期、有休、慶弔 (年間約120日)、有休消化率100%
◎勤務時間 10:00~19:00 残業はほとんどありません。
◎応募方法 まず電話連絡をください。面接日をお電話で決めて、履歴書(写真貼付)持参で面接に来ていただきます。

クリニカル・
コーディネーター
終了

患者様の立場に立ち、共に悩み、喜ぶことのできる方

 当クリニックの受付は単なる受付ではありません。効果がある、すなわち医師が適応有りと判断・説明し患者様が納得した治療について、患者様と一緒に、スケジュールや費用など患者様を取り巻くすべての諸事情をコーディネートする。言いかえれば患者様のご希望・ご都合・ご事情をすべて理解した上で、医師や看護師と緊密な連絡を取り、患者様が最大の満足度を得られるようにするのが当院のコスメティック(クリニカル)・コーディネーターの仕事です。
 医学的知識を持ち「インフォームド・コンセント」を実践しなければならないことはもちろんですが、なにより患者様の立場に立ち患者様が最大の満足得られるよう「インフォームド・チョイス」を意識し、共に悩み、喜ぶことのできる方を募集しています。

◎賞与年2回、交通費支給、社会保険完備、報奨金あり
◎休日 月8~9日プラス年始、夏期、有休、慶弔 (年間約120日)、有休消化率100%
◎勤務時間 10:00~19:00
◎応募方法 当院に面接を希望する旨の電話連絡をください。面接日程を決めて、履歴書(写真貼付)を持参していただきます。

クリニカル・ポリシー

1. 常に患者様の全身(精神面も含む)を診る

 La Clinica Shizuokaは日本初の美容心療内科を併設する女性外科、美容外科です。したがって乳房再建外科などの女性外科ではもちろん、美容外科の患者様を見る際にも、精神面をも含めた真の意味での「全身状態」を診ることのできるclinical competenceが要求されます

2. 常に患者様の言葉で説明する

 日本でも、ようやく「インフォームド・コンセント」が当然のことであると認識されるようになりました。しかし、患者様が理解できる言葉で説明している医師は、どれだけいるでしょうか。説明中にも患者様の表情などからその理解度を察することのできる、「インフォームド・コンセント=安心」だけでなく「インフォームド・チョイス」が身についている医師を求めます。

3. 最小の治療で最大の効果を目指す

 手術はそれがどんな手術であれ身体に侵襲を与えるものであり、薬剤も副作用のないものはありません。さらに当クリニックは保健診療ではありません。個々の患者様が最も少ない侵襲・最も少ない費用で最大の効果を得る方法を常に考えることが必要とされます。

4. 患者様の事情をすべて理解する

 「美しくはなりたいが、変わったことを周囲に知られたくない」という患者様は現在でも少なくありません。またそれは女性外科(乳房再建など)、美容心療内科においても同様です。患者様の事情すべてを理解し患者様と一緒に治療計画を立てていくことが必要不可欠です。

5. EBM (Evidence Based Medicine)による新しい技術の開発・導入

  当クリニックでは美容外科にこだわらずEBMの原理に基づき広い分野から情報を吸収し美容外科に応用することを心がけています。端的に言えば、効果があるというEvidenceがあれば先入観などにとらわれずに導入します。そうした柔軟性が様々な術式やテーラーメード医療の導入などに結実しています。更なる進歩のために、La Clinica Shizuokaには下記の各種学会への参加・出張制度があります。

  • 日本美容外科学会
  • 日本美容皮膚科学会
  • 日本外科学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本麻酔蘇生科学会
  • 日本内視鏡外科学会

こうした美容外科以外の学会で得た知見を院内カンファランスなどで発表し、クリティカルパスにフィードバックしてもらいます。

6. 手術の普遍性

 外科系ならばどの科にも言えることですが、La Clinica Shizuokaでは手術に得意不得意は許されません。つまりどの医師がどの手術をしても同レベルの手術が要求されます。この実現のため美容外科部門にもEBMを用いて日本で初めてクリティカルパスをすべての治療に導入しています。

7. 完全主治医制、完全フォローアップ制

 私たちが理想とするのは大量生産的なクリニックや病院の対極にある、患者様一人一人がテーラーメードできる美容外科です。このためカウンセリングをした医師が手術はもちろん術後検診・フォローアップ終了まで主治医として全責任を持つ完全主治医制・完全担当性・完全フォローアップ制をとっています。また当クリニックの術後検診の回数は美容外科としては非常に多く、フォローアップ期間も手術によっては数年になることもあります。

Medical Subjects診療項目

初めて当院にお越しになる方へ。

当院で施術を受けられた方へのお知らせ。 アフターケア情報やリピーターさんだけ のお得な割引情報をご案内。

お試しで施術を受けて、効果を実感して から本格的な治療を。