静岡市駿河区の美容外科、美容皮膚科、
医療脱毛女性専用クリニック
ラ ・ クリニカ シズオカ  医療法人社団  静美心会

わきが

ラ・クリニカは開院16周年を迎えました。
これも、何度もご来院頂いてる多くの患者様のおかげと、
スタッフ一同、心から感謝をしております。

ローラークランプ法Roller clamp method

ラ・クリニカ シズオカのローラークランプ法は

特長

  • 大きな効果
  • 皮膚へのダメージが少ない
  • 手術痕が目立たない
  • 痛みがほとんどない
  • 脱毛効果もあり

▲ローラークランプ
共立美容外科が特許をもつ医療器具
当院は無償で使用を許可されています

手術
おすすめ
INFORMATION

ラ・クリニカ シズオカのローラークランプ法は、「わきが」「多汗症」「わき脱毛」「わきの黄ばみ」を同時に解決する一石四鳥のすぐれものです。

ローラークランプ法

わきが治療にはさまざまな方法がありますが、当院では「安全性」「効果」「術後の快適性」「手術跡が目立たないこと」 などからローラークランプ法を採用しています。ローラークランプ法は削除法と吸引法を複合させ、それぞれの利点を 実現させたものです。

日帰り手術にご注意を!

ワキガに確実に効果がある手術はローラークランプ法と切開法しかありません。ワキガの手術はほとんどの美容外科で行われています。手術の名前は美容外科で異なりますが、ほとんどが切開法です。皮膚を4〜5センチ切る手術です。1〜2センチの切開で、傷が小さいからと特別な名前を付けて料金を高くしている美容外科もありますが、効果は2〜3ヶ月で必ず再発します

そしてすべての美容外科が日帰りで切開法を行なっています。『日帰り』と聞くと、ほとんどの方は簡単で、手術の後も楽な手術だと思うでしょう。ところが切開法は手術の後、痛いし、手を上げることも出来ません。家に帰っても仕事はもちろん、服の脱ぎ着も、ご飯を食べるのも大変なのです。もちろん傷跡が消えることも一生ありません。

だから、切開法は総合病院ならば保険がきくのですが、1〜2週間の入院になってしまうのです。『日帰り手術』とは『日帰りできるぐらい術後が楽』なのではなく、『日帰りさせられてしまう手術』なのです。

ではなぜローラークランプ法をする美容外科が少ないのでしょうか。それは手術の難しさもありますが、ある美容外科の特許になっているからなのです。

  • ローラーとカニューレで皮膚をはさみながらˎ皮膚の下にあるアポクリン腺ˎ皮脂腺ˎエクリン腺をスムーズに削除可能。
  • 毛根レベルまで達するため、汗の減少と同時に脱毛にも。
  • 効果は切開法と全く同等ながら、手術痕が非常に小さい(4~5㎜)。
  • 痛みがほとんどなく、手術直後から仕事が可能。
ローラークランプ

※同様ないしは類似する名称でのわきが治療を標榜するクリニックもありますが、静岡市でローラークランプ法の施術を受けられるのはラ・クリニカ シズオカだけです。

料 金

399,000円※麻酔・お薬・検診の費用がすべて含まれます。

治療時間

40~60分

ダウンタイム

4~5日間

カウンセリング当日の治療

不可

わきがの治療法比較

方法メリットデメリット

ローラークランプ法

効果が確実。
手術跡がほとんど目立たない。
痛みが非常に少ない。
術後の生活制限がほとんどない。
手術手技が難しい。

切開法 / 剪除法 / 直視下摘除法

効果が確実。
総合病院ならば保険がきく。
(1~2週間の入院が必要)
手術痕が大きい。
術後の痛みが強い。
術後の生活制限が厳しい。

直視下切除法

吸引法

手術痕の心配がない。
術後の痛みが少ない。
効果が低い。

超音波法・レーザー

手術痕の心配がない。
術後の痛みが少ない。
ヤケドの可能性。
効果が低い。

ワキガ・多汗症治療のプロセス

1.術前
ワキの毛は剃ってあります。
2.手術前のデザイン
内側の円がアポクリン汗腺のある範囲です。外側の円までが手術範囲です。
左下の、円の外側の青い印がローラークランプのカニューレ(細い管)を挿入する位置です。小さな青い点が麻酔の注射をする位置です。
3.施術室に移動
「手術跡」がカニューレを挿入した部分です。手術した部分が発赤していますが痛みはありません。
4.術後7日目
軽度の内出血が5カ所認められ少し発赤していますが、生活に支障は全くありません。もちろん痛みも全くありません。
5.術後1ヶ月目
内出血は完全に消えました。手術痕と手術範囲中央に中等度のの色素沈着が認められますが、マッサージなどの必要はありません。
6.術後4ヶ月
色素沈着もカニューレを挿入した手術痕(約5mm)もほとんど消えました。手術をしたと分かる方はまずいません。

わきが切開法

当院では切開法(直視下摘除法、反転剪除法)は施行しておりませんので、切開法の写真は掲載出来ませんが、患者さんの話ではインターネットで「ワキガ 写真」などで検索すればたくさん出てくるそうです。
その写真と比較すると、ローラー・クランプ法がいかに優れた手術方法かおわかりいただけると思います。

ワキガの原因

  1. エクリン汗線

    皮膚の表面に出口があり、いわゆる水汗を出す汗腺で多汗症の原因となりますが臭いは普通の体臭です。このエクリン腺だけは自律神経にコントロールされています。
  2. 皮脂腺
    毛穴の中に出口があり、いわゆる脂汗を出す汗腺で下着などの黄染やワキガの原因の一つになります。
  3. アポクリン汗腺
    毛穴の中に出口があり、ここから出てくる汗自体には臭いはありませんが、この汗が細菌によって分解されるとワキガ独特の臭いになります。ワキガ治療にはアポクリン汗腺を取り除くことが必要不可欠です。

冬になると腋のにおいが強くなる