静岡市駿河区の美容外科、美容皮膚科、
医療脱毛女性専用クリニック
ラ ・ クリニカ シズオカ  医療法人社団  静美心会

しわ

ラ・クリニカは開院16周年を迎えました。
これも、何度もご来院頂いてる多くの患者様のおかげと、
スタッフ一同、心から感謝をしております。

シワに関するガイダンスGuidance on wrinkles

シワには2種類あります。一つはタルミが原因で「出来てしまったシワ」、もう一つは表情が原因で「作ってしまったシワ」いわゆる表情ジワです。

シワの治療には全体治療と部分治療があります。

部分治療

シワの部分にだけの治療で、ヒアルロン酸注入やボトックス注射、ACR療法、ハイブリッド療法などがございます。

対応法適応治療区分
ボトックス額、眉間、目尻のしわ。即効性。注射
ヒアルロン酸しわ。即効性。注射
高濃度多血小板血漿(PRP)治療目の下の小じわ・クマ、法令線、首の横じわ、手の甲、肝斑。効果が長期継続。再生医療
法令線・しわハイブリッドプログラムヒアルロン酸+ACR再生療法
法令線の治療に最適な方法。効果が長期継続。
再生医療

ボトックス治療に関するアドバイス

ボトックスという名前はボツリヌストキシン製剤(以下BT)の商品名の一つです。色々な商品名のBTでランク分けして、高いBTに誘導する営業手法をとる美容クリニックもあるようです。
広告には安いBTを出して、患者さんをたくさん集めて、実際には高額なBTをさせたいというところだと思います。
しかし現在流通しているBTはどれも安全で効果もほとんど差がないのです。
BTの治療で大事なのはBTの量と注射の仕方なのです。
BTの量は眉間や目尻など部位で決まります(例:眉間20単位、目尻20単位など※注)。2倍量、3倍量を注射するといって高額にする美容外科もあるようですが、本当に2倍量、3倍量を注射したら副作用で大変なことになります。
注射の仕方も部位によって決まります(例:眉間5ヶ所、額20〜30ヶ所、ワキ:150〜200ヶ所など)。細かく、正確な深さに注射しないと効果も持続期間も低下します。
(※注)ボトックスの量は「単位」で表します。

クリニカではレディエッセ、アクアミドなどヒアルロン酸以外の注入は行っておりません。

クリニカではFGF、EGFなど成長因子の注入は行っておりません。

アクアミドを注射してはいけません

ヒアルロン酸は溶けてなくなってしまうし、何かなくならないような治療はないものかと、誰もが考えます。そういった心理を逆手にとって、広告で「溶けない」という聞こえの良いキャッチフレーズで宣伝されているのがアクアミドです。しかも料金はヒアルロン酸の2〜5倍です!
アクアミドはヒアルロン酸と違って薬で溶解することはできません。アレルギーや感染などが起こった場合、除去するには切開して切除しなくてはなりません。実はリスクが高い治療なのです。
確かにアクアミドは長い間吸収されずに残っています。しかしブヨブヨになった状態で残るのです。ジェルなので注入当初のなめらかな状態を長い間維持することはできないということです。
アクアミドは簡単で、ずっと残っていると聞こえは良いのですが、そんなうまい話はないのです。
実際、ヒアルロン酸も正しい注入方法で行えば、とてもリーズナブルに長持ちするのです。

BOTOXBotox

シワ・ボトックス治療

ラ・クリニカ シズオカのボトックス治療は

■ 痛みが少ない

■ 効果が長持ち

■ 処置時間が短い

■ 安全性の高いボトックスのみを使用

注射
お試しあり

ボトックス治療に関するアドバイス

ボトックスという名前はボツリヌストキシン製剤(以下BT)の商品名の一つです。色々な商品名のBTでランク分けして、高いBTに誘導する営業手法をとる美容クリニックもあるようです。
広告には安いBTを出して、患者さんをたくさん集めて、実際には高額なBTをさせたいというところだと思います。
しかし現在流通しているBTはどれも安全で効果もほとんど差がないのです。
BTの治療で大事なのはBTの量と注射の仕方なのです。
BTの量は眉間や目尻など部位で決まります(例:眉間20単位、目尻20単位など※注)。2倍量、3倍量を注射するといって高額にする美容外科もあるようですが、本当に2倍量、3倍量を注射したら副作用で大変なことになります。
注射の仕方も部位によって決まります(例:眉間5ヶ所、額20〜30ヶ所、ワキ:150〜200ヶ所など)。細かく、正確な深さに注射しないと効果も持続期間も低下します。
(※注)ボトックスの量は「単位」で表します。

表情ジワの原因となっている筋肉の動きをおさえます。効果のある部位は額、眉間、目尻です。しわが固定化することを予防します。またボトックスが効いている額や目尻の化粧保ちが良くなります。

ボトックスで治療できるもの

  • しわ
  • えら
  • 顎関節症
  • ワキ多汗症
料 金部位初回お試し1回3回•30%OFF
眉間35,000円64,000円75,000円
19,000円38,000円132,000円
目尻19,000円38,000円75,000円
眉間+目尻37,000円67,000円135,000円
額+眉間41,000円75,000円156,000円
額+眉間+目尻47,000円87,000円183,000円
治療時間約10分
検診回数1回
アフターケア必要時検診
カウンセリング当日の治療

施術の副作用(リスク)

感染、痛み、内出血、アナフィラキシーショック、アレルギー、違和感、痒み

失敗しないボトックス注入(Q&A)

10分も注射し続けるんですか?
いえ、注入自体は1~2分で済みます。前後の処置時間も入れて約10分ということです。
痛くないって本当?
当院では最も細い注射針であるマイクロニードルを使っておりますので(無料)、痛みや腫れ、内出血をかなり抑えることができます。さらに、必要に応じてリラックスガス麻酔も行います。
どのくらい、効果が持続するんですか?
初めての患者さんでも3ヶ月ぐらいは効果が持続します。また2回目、3回目はさらに持続期間が長くなります。
ボトックスって毒素なんでしょ…
ええ、ボツリヌス菌毒素製剤のことです。「毒」とは言っても、ボトックスは米国医薬食品局(FDA)で美容目的での使用が認められています。美容目的で使用されるものは、含有蛋白量などを少なくして、抗原性を低め、アレルギー反応などが起こりにくくした製品です。

ヒアルロン酸Hyaluronic acid

しわ・ヒアルロン酸治療

ラ・クリニカ シズオカのヒアルロン酸治療は

  • 症状に応じて5種類のヒアルロン酸(HA)を使い分け
  • 最も安全性の高いヒアルロン酸のみを使用
  • 効果が長持ち
  • コストパフォーマンスが高い
  • 痛みが少ない(リラックスガス麻酔または局所麻酔を使用:無料)

わずか1gのヒアルロン酸には6リットルもの水分を保持する力があります。ヒアルロン酸の吸水作用と膨張作用でシワを改善します。

当院ではアクアミドなどヒアルロン酸ヒアルロン酸以外の注入は行っておりません。

法令線ハイブリッド治療はこちら矢印

施術の副作用(リスク)

感染、腫れ、むくみ、内出血、アナフィラキシーショック、アレルギー、違和感、痒み

料 金

シワˎ涙袋ˎ隆鼻(1本1㏄)

98,000円

この料金でヒアルロン酸注入治療を2~6回受けられます。

法令線(1本2㏄)

103,000円(使い切り、初回のみ)

初めての方で法令線が深い方、長い方にはこちらがお得です。

法令線(1本2㏄)

184,000円

この料金でヒアルロン酸注入治療を1~4回受けられます。

治療時間

約10分

アフターケア

必要時検診

カウンセリング当日の治療

1回○万円は危ないかも

固いのや柔らかいのなど色々な種類のヒアルロン酸があります(※)。そしてどのヒアルロン酸も最初から専用の注射器に入っています。ほとんどは1ccか2ccです。1ccというととても少なく感じるかもしれません。しかし、法令線のシワ以外で1ccも注入することはまずないのです。
ということは、1回注入しても注射器にはまだヒアルロン酸が残っているのです。1回○万円でヒアルロン酸注射をしている美容外科には、コストを下げるために、この残りのヒアルロン酸を次の患者さんに使い回している美容外科もあります。針は換えても、同じ注射器を使い回しすると、AIDSや肝炎などの感染症がうつる可能性がありとても危険です。
(※)隆鼻には一番固いヒアルロン酸、細いシワには一番軟らかいヒアルロン酸など。

アクアミドを注射してはいけません

ヒアルロン酸は溶けてなくなってしまうし、何かなくならないような治療はないものかと、誰もが考えます。そういった心理を逆手にとって、広告で「溶けない」という聞こえの良いキャッチフレーズで宣伝されているのがアクアミドです。しかも料金はヒアルロン酸の2〜5倍です!
アクアミドはヒアルロン酸と違って薬で溶解することはできません。アレルギーや感染などが起こった場合、除去するには切開して切除しなくてはなりません。実はリスクが高い治療なのです。
確かにアクアミドは長い間吸収されずに残っています。しかしブヨブヨになった状態で残るのです。ジェルなので注入当初のなめらかな状態を長い間維持することはできないということです。
アクアミドは簡単で、ずっと残っていると聞こえは良いのですが、そんなうまい話はないのです。
実際、ヒアルロン酸も正しい注入方法で行えば、とてもリーズナブルに長持ちするのです。

当院では症状に応じて5種類のヒアルロン酸を使い分けています

ヒアルロン酸の種類 1本(ⅰ)適応部位1回の注入量(ⅱ)
もっとも軟らかいヒアルロン酸11cc目の下などの細かいシワ、涙袋形成0.1~0.5cc
 21cc目尻・目の下などの比較的深いシワ0.1~0.5cc
31cc口元のシワ、眉間のシワ、唇を厚く0.1~0.4cc
42cc法令線、口角のシワ、頬のシワ0.5~2.0cc
もっとも固いヒアルロン酸51cc隆鼻0.2~0.5cc
  • すべてのヒアルロン酸は、はじめから専用の注射器に入っています。
  • 1回の注入量は治療部位の状態により異なってきます。使い切らずに残ったヒアルロン酸は、初回施術日より1年以内に何度でも再注入できます。
  • クリニカでは同じヒアルロン酸の注射器を他の患者さんに使用することはございません。

当院ではアクアミドなどヒアルロン酸以外の注入は行っておりません。

失敗しないヒアルロン酸注入(Q&A)

痛みが少ないって本当?
当院では最も細い注射針であるマイクロニードルを使っておりますので(無料)、痛みや腫れ、内出血をかなり抑えることができます。さらに、必要に応じて局所麻酔も行います。
なぜ、ラクリニカのヒアルロン酸の効果は長続きするのですか?
ヒアルロン酸を皮下組織になじませる注入後のマッサージに重点を置いています。これにより、少量のヒアルロン酸で最大の効果、効果継続期間が得られます。
コストパフォーマンスが高いって、費用が安いってこと?
単純に料金ということであれば、他院の方が安いかも知れません。ヒアルロン酸は他の薬剤と異なり最初から注射器に入っていますが、1本を1回で使い切ることは滅多にありません。多くの医院では、1本のヒアルロン酸を他の患者さんとの間で使い回しをすることで、見かけ上の単価を安くしています。 当院ではボトルキープシステム(1本ずつ患者さんに購入してもらう)です。1つのボトルで数回分の注入ができます。追加料金は全くありません。ヒアルロン酸の効果は有限ですので、継続的に注入するのが一般的です。無駄にはなりません。 結局、クリニカのヒアルロン酸の料金は、他院の数回分の料金に相当するということです
1本を使い回した方が安くなるなら、その方がいいって患者さんもいそうだけど?
患者さんの間で使い回しをすれば、感染(病気をもらってしまう)の可能性が飛躍的に高まります。そのような方法で見かけ上のコストを削減するのはのは適切でないと考えています。

Contents Menu