★7月22日(日)は臨時休診日です。

  1. トップページ
  2. >
  3. 診療項目
  4. >
  5. バスト
  6. >
  7. 脂肪注入法(Q&A)

バストに関するガイダンス

脂肪注入法(Q&A)

どこでも脂肪注入法をやっていますけど、本当に問題があるの?
上述の問題点は、美容外科医なら誰でも知っています。それでも実施している理由は、脂肪注入法を希望する患者さんが多いからです。早い話が、稼げるからです。
脂肪を注入するって話はよく聞くんですけど...
注入した脂肪が確実に生着するのは、血行の良い部位、つまり毛細血管が多い場所に限られています。上まぶた、頬などへの注入は、ほとんど間違いが起こりません。脂肪を胸に入れた場合、そのほとんどは1~2ヶ月で溶けてなくなってしまいます。
胸の生着率はどのくらいなんですか?
生着率は、注入した脂肪の10~20%程度です。相当ばらつきがありますので、片方の胸は10%、もう片方は30%ということもあり得ます。
最近は生着率が向上したと聞きましたけど...
もちろん、どこのクリニックも「生着率が向上しました」と宣伝しているはずです。それだけ生着率が悪いという認識を持っているということです。「30%~50%の生着率」と宣伝するのがお約束のようです。医学的なデータがあるわけではありません。宣伝文句だと思って下さい。大半のケースで、1年以内に元のサイズに戻ります。
その程度だと患者さんが文句を言うのでは?
ええ、がんがん文句を言われてますよ。「個人差がある」、「あなたの場合は特殊」でごまかすのがお約束のようです。
シコリがひどすぎる乳腺を除去することになるって本当?
残念ながら本当です。乳腺外来にはこのような患者さんが何人も訪れています。いったん除去した上で、失ったバストを元に戻すためには、乳房再建手術が必要です。

Medical Subjects診療項目

初めて当院にお越しになる方へ。

当院で施術を受けられた方へのお知らせ。 アフターケア情報やリピーターさんだけ のお得な割引情報をご案内。

お試しで施術を受けて、効果を実感して から本格的な治療を。